スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やっとスタート地点」 百舌鳥・古市古墳群、世界遺産暫定リスト入り 大阪(産経新聞)

 「やっとスタートラインに立てた」。墳墓として世界最大といわれる仁徳陵古墳(堺市、全長486メートル)や国内2番目の大きさを誇る応神陵古墳(大阪府羽曳野市、全長425メートル)などがある百舌鳥・古市古墳群が14日、世界文化遺産暫定リストに登録された。課題も多いとされてきただけに、準備を進めてきた府教委や堺市などの担当者からは安堵の声があがった。

 リスト登録に向けて準備を進めてきた大阪府教委の担当者は「姫路城や法隆寺、熊野古道など関西には世界遺産が多いのに、大阪だけなかった。海外からのツアーで大阪を外されることもあっただけに、リスト入りはうれしい」と話す。

 また「世界三大墳墓のなかでも知名度が低かった。これをきっかけに世界に認知される特色ある古墳として、前面に押し出していきたい」と意気込んだ。

 府教委では、平成25年度に国に対して大阪府などが世界遺産登録に向けた推薦書を提出。最短で27年度の世界遺産登録を目指すとしている。

 世界遺産登録に向けた活動は16年からスタート。大阪府のほか、堺市、羽曳野市、藤井寺市などが連動し、共同で提案を行ってきた。

 しかし、世界遺産暫定リストに盛り込まれる両古墳群の古墳87基のうち、46基は天皇陵などとして宮内庁が管理。いずれも研究者でさえ原則立ち入ることができないというハードルもあった。

 今のところ世界遺産に指定されても内部に入ることはできない公算だが、学術的な発掘調査や一般公開を含めた活用のあり方をめぐって、今後も議論が続きそうだ。

 一方、地元の堺市でもこの日、リスト入りに歓声があがった。堺市の担当職員は「待ちに待ったリスト入り。やっとスタート地点にたてた」。記者会見した竹山修身市長は「待ち望んでいた喜ばしいニュース。登録に向けた大きな第一歩だ」と語った。

【関連記事】
世界遺産暫定リスト・古市百舌鳥古墳群 倭の五王が眠る巨大古墳群
世界遺産暫定リストに追加掲載へ 「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)など2件
キトラ壁画の保存管理場所決まる
平城宮跡守った情熱、今も 91歳学者が集大成14巻出版
だれのお墓?いまだ論争中 藤ノ木古墳 発掘25周年

医師不足解消や無過失補償制度の確立を―国民新党政権公約(医療介護CBニュース)
「郵政」早期成立、公約に明記=民主・細野氏(時事通信)
<プロ野球肖像権訴訟>選手側の敗訴確定 最高裁決定(毎日新聞)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
SFCGの元会長ら、民事再生法違反容疑で逮捕(読売新聞)
スポンサーサイト

与野党から国会延長・参院選先送りの声(読売新聞)

 与野党幹部から6日、「菅新政権」が8日に誕生することを踏まえ、国会の会期延長と、延長に伴う参院選の先送りに関する発言が相次いだ。

 自らも今夏改選となる輿石東民主党参院議員会長はNHKの番組で、6月16日までの国会会期を前提に、「(参院選は)7月11日だろうという想定で候補者は走っている。その人たちのせっぱ詰まった考えにも対応しないといけない」と述べ、参院側の意向を踏まえて慎重に判断すべきだとの考えを示した。今後、菅新首相と党幹事長に内定した枝野行政刷新相と相談する意向も示した。

 鳩山政権は参院選の日程を「6月24日公示―7月11日投開票」とする方針だった。「菅新政権」では、郵政改革法案の成立を目指し、会期を2週間程度延長することを検討している。この場合、参院選の日程は「7月8日公示―同25日投開票」にずれ込む見通し。

 新政権で要職に起用される方向の民主党の玄葉光一郎衆院財務金融委員長は、フジテレビの番組で、「個人的には(参院選は7月)25日になると思う」と述べた。国民新党の下地幹郎国会対策委員長も同じ番組で、「重要法案が残っている。延長して法案をしっかり整えて、それから選挙をやって信を問うのが当たり前だ」と語った。

 同党代表の亀井金融相はNHKの番組で、「会期延長すれば、その間、国民に訴える時間が長くなる」と語り、会期延長が新政権のアピールにつながるとの見方を披露した。

 一方、自民党の谷垣総裁は同じ番組で、「新政権は参院選目前なので、どういう対立軸、選択肢が国民に用意されているか、国会で整理しないといけない。菅新首相の所信表明、代表質問に加え、予算委員会を開き、新内閣の方針に野党が問題点をぶつけるべきだ」と強調した。予算委員会を開くには会期延長が不可欠と見られている。

社民党首、連立政権「加担できない」=菅氏は協力要請(時事通信)
中学で窓ガラス割られ花壇も荒らされる 兵庫・姫路(産経新聞)
社会保障維持は困難でも費用負担増は嫌―少子化で社会人意識調査(医療介護CBニュース)
<嫁見まつり>あでやか花嫁行列 婚活女性の参加も(毎日新聞)
普天間 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念(産経新聞)

<宝くじ>事業仕分けで「発行停止」兵庫県知事強く反発(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議が事業仕分けで日本宝くじ協会など宝くじ関連法人への天下りや高額給与を指摘し、改善されるまで宝くじの発行停止を求めたことについて、井戸敏三・兵庫県知事は25日の定例会見で「有益に活用されているものの一部を捕まえ全体をだめと言うのは発行団体に対しての大きな干渉」と強く反発した。

 井戸知事は「対象となった団体はいずれも宝くじの発行団体である都道府県などが創設した共同組織。国の補助金で作った組織と全く異なる」と指摘。「地方の自主財源としての事業を国が事業仕分けをするのはなじまない」と批判した。

 また国家公務員OBが天下っているという指摘については「国家公務員の人事システムの問題」とし、その上で全国知事会や全国自治宝くじ事務協議会で対応を協議するとした。

 県によると、宝くじは各都道府県と政令市が発売。発売に関する事務などは都道府県や政令市で作る全国自治宝くじ事務協議会が行う。収益金は各自治体の販売実績に基づき配分され、県は08年度で90億9000万円を交付されている。日本宝くじ協会は宝くじの普及宣伝関連事業などを行う。【内田幸一】

〔神戸版〕

マージャン参加させ恐喝=中学生5人から40万か―容疑で16歳少年逮捕・警視庁(時事通信)
皇太子さまが兵庫へ(時事通信)
クリントン氏「北の挑発に報い」=普天間、5月決着へ努力―日米外相が会談(時事通信)
区長の育休を条例化、給与は半額…文京区(読売新聞)
<口蹄疫>「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設(毎日新聞)

長岡京夫婦刺殺事件 犯人の逃走手助けた女を逮捕 京都府警(産経新聞)

 京都府長岡京市のタクシー運転手、矢本吉男さん(65)と妻の朔恵(さくえ)さん(65)が刺殺された事件で、向日町署捜査本部は17日、犯人隠匿の疑いで大阪市東成区東中本の会社役員、金理重子容疑者(47)を逮捕した。府警によると、金容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は12日午前4時ごろ、神戸市内のラブホテルで、夫妻を殺害したとして殺人容疑で逮捕された不動産業、李敏男容疑者(52)と待ち合わせ、逃走を手助けするため、現金数百万円や車を用意したとしている。

 金容疑者は、李容疑者が経営している不動産会社の役員で、10年来の付き合いがあったという。

【関連記事】
返り血の服着替える 京都・長岡京の夫婦刺殺男、計画的か
長岡京市の夫婦刺殺事件 長女の夫を逮捕
親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺
直前まで居酒屋で口論、悲鳴 京都・長岡京の夫婦刺殺
65歳夫婦刺され死亡 京都・長岡京、口論の中年男逃走
少子化を止めろ!

東住吉・女児刺傷 「包丁は自分から」 容疑者供述 3日前に自転車購入 (産経新聞)
首相動静(5月13日)(時事通信)
相続税額は1.0%減=課税割合は5年連続最低水準―国税庁(時事通信)
<東北道8人死傷>運転の29歳男性、書類送検の方針(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】診療報酬 22年度改定 ドキシルが入院で使えない!?(産経新聞)

NPT会合 81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)

 【ニューヨーク加藤小夜、錦織祐一】ニューヨークの国連本部で開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、各国政府代表が非政府組織(NGO)の意見を聞く会合が7日(日本時間8日)あった。秋葉忠利・広島市長が「未来の世代のために力を注いでほしい」と演説。田上富久・長崎市長が「『核兵器のない世界』だけが、国際社会の永続的安全を保障する」と呼び掛けた。長崎市の谷口稜曄(すみてる)さん(81)が被爆者を代表して演説した。

 被爆者代表で演説した長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄さんは、原爆の熱線を浴び真っ赤に焼けただれた自身の背中の写真を手に「人間が人間として生きていくため、地球上に一発も核兵器を残してはならない」「私は忘却を恐れます。忘却は新しい原爆の肯定に流れてしまう」と各国代表ら約400人に語りかけた。

 16歳の時、郵便局員として郵便を集配中に爆心地から1.8キロの近距離で被爆。数千度の熱線に背中一面を焼かれた。1946年1月に米軍が撮影した治療中の写真を谷口さんが掲げ、スクリーンにも大きく映し出されると会場は静まり返った。

 「身動き一つできず、腹ばいのまま痛みと苦しみの中で『殺してくれ』と叫んだ。誰一人、私が『生きられる』と予想する人はいませんでした」。入院治療は4年間にも及んだが現在に至るまで完治はせず、右目の眼底出血など原因不明の症状に次々と襲われる。本人も「これが最後の渡米」と覚悟を決める。

 最後に「私は見せ物ではありません。でも、私の姿を見てしまったあなたたちはどうか目をそらさないでもう一度見てほしい」とかすれる声を絞り出すように呼び掛け「核兵器は絶滅の兵器。ノーモア・ヒバクシャ」と訴えると、各国の政府代表らは立ち上がって拍手を谷口さんに送り続けた。

 谷口さんの証言を会場で聴いたロシアの政府代表の一人は「私たちは、第二次大戦の戦勝国としての見方しか持っていなかった。深く感銘を受けた」。再検討会議のカバクテュラン議長(フィリピン)は「(原爆投下を)二度と起こしてはいけないという強いメッセージを表現した。被爆者は高齢化しているが、政治家が耳を傾けるよう、メッセージを発信し続けてほしい」とたたえた。

 演説を終えた谷口さんは「やるべきことはやった。しかしこれが終わりじゃない。話を聞いた人たちの(核廃絶を)実行につなげてもらわないと」と期待を込めて語った。

【関連ニュース】
NPT会議:紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生
NPT会議:長崎大司教が国連事務総長に被爆マリア像披露
核拡散防止条約:長崎被爆者が出発 米で再検討会議に参加
被爆マリア像:欧米で巡回展…長崎を出発
NPT会議:国連本部で原爆展 今も残るケロイド見せ訴え

小掛照二氏が死去=三段跳びの元世界記録保持者(時事通信)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記-修正案(時事通信)
「首相辞めそうもない」=渡辺喜氏(時事通信)
<三菱UFJFG・米モルガン>業務提携拡大へ 両社長会見(毎日新聞)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)
プロフィール

おさないよういちさん

Author:おさないよういちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。